• 塗料の記事一覧

札幌市白石区 T様邸

「また頼みたい!塗装職人さんに!」

t01

<塗装職人を利用するきっかけ>

周りが屋根や外壁の塗装を始めるのを見ているうちに、そろそろうちもしっかりと屋根や外壁を塗装しようかと考え始めましたが、手を付けられずに二年ほど経ち、外壁の痛みも目立ち始め、今年こそ塗装をやらなくちゃ!そんな時に北海道新聞の折込チラシで「塗装職人」のチラシを見てお見積もり依頼を問い合わせました。

<塗装職人を選んだ決め手>

窓下の傷みや、冬場に雪が積もるウッドデッキに面する外壁の傷みが気になり悩んでいました。その傷みを完璧に補修する為には、ウッドデッキを外さなくては出来ないとの事、とこでウッドデッキの解体再組み立ての見積もりを専門業者に依頼の結果、かかる費用は10万円……
サービス工事として「当社ではウッドデッキの解体と復旧させていただきますよ!」と提案していただき、一安心。
きめ細やかな補修にこだわる塗装職人さんの提案は、私たちの求めるところでした。長持ちする塗料の提案も分かり易く説明してくれ、施工に対する不安や心配事を一気に解消してくれました。

t02

<新築に蘇った!そう思える仕上がりに満足!>

t03

壁の風合いと雰囲気を壊さず活かすために骨材を吹き付ける方法での塗装を提案してくれて、仕上がりも綺麗に出来て100点満天です!
普段気になっていた2階の窓の汚れも綺麗にしていただきました。契約になかった基礎まで塗っていただき、本当に細やかに綺麗にしてくれました!最後は窓枠やアスファルトを丁寧に掃除してくれて、ここまで丁寧にしてくれるのだと感動しました。今後、住宅の困りごとや屋根の塗装をするときにはまた塗装職人さんに相談したいです!

t04

施工を行った時期が暑かったこともあり、数箇所の窓を開けれる様にできないかと相談、職人さんが快く窓部分の養生を何箇所も開閉できるように工夫し、施工期間中も快適に過ごすことが出来ました。

<塗装職人のこだわりポイント>

積雪が原因で傷んだウッドデッキ部分の外壁や、窓下の傷みが現場調査で見て取れました。
窓下のコーキングを撤去し、打ち変えを行い傷んだ外壁部分はALC補修材で補修し、エポキシ系塗料で下塗りを行い仕上げは骨材吹き付けを行いました。

t05

骨材の吹き付けでの仕上げは、外壁の質感を保つためにご提案させていただきました。新築時に施工を行った同じ仕様で仕上げました。

札幌市東区 S様邸

「塗装職人に頼んで良かった!」

<お客様からお声がけいただきました>

当社が住宅の塗装工事中、「丁寧に塗装されていますね」とお声をかけていただいたのがきっかけでした。
「壁があちこち傷んでるけど塗装できる?」とお客様のほうで大変不安に思っていらっしゃいましが、傷んだ窯業ボードは張替えることで塗装はできます、とご提案させていただきました。
「じゃあ私のところもお見積もりから」とお話いただき、現場調査の上でお見積もりを提出、外壁と屋根の塗装工事を任せていただくことになりました。

東区S邸

<工事後のお客様の感想>

ご近所の塗装工事をされている職人さん達の丁寧な仕事ぶりと、細やかな作業を見ていて、ここに頼みたいと思いました。
また、工事前に挨拶に来てくれた工事担当の誠実な対応も塗装工事を依頼をする決め手でした。
壁の傷みが酷かったため、塗装できるか不安でしたが、塗装職人さんに頼んで本当に良かったです。

東区S邸_1

s02

施工してもらってから三年経ちますが、外壁は綺麗なままで気に入っております。
アクセントで入れてもらった石目柄の出窓もとても気に入っています。
三年経ってからもこうしてメンテナンスで点検に来てくれるのはとっても嬉しいです。

<塗装職人のこだわりポイント>

s03

下塗りに錆止めを塗り、仕上塗りにシリコン塗料を施工。

札幌市白石区 F様邸

汚れ対策の外壁塗装に満足!

f01

<お客様のお困りごと・要望>

F邸様では「外壁の汚れや、外壁が傷んできてることが気になる」とご相談いただきました。
そこで親水性の雨水と一緒に汚れが落ち、非常に汚れにくい関西ペイントのセラミックウレタンをご提案いたしました。

外壁の傷みが目立ってきて、外壁の色褪せが…
屋根はサビが気になり、旦那様が自ら補修したものの、またサビが出るのではないか?
数社に見積もりもしたが、外壁補修の仕方・塗料の種類、さまざまで、何が一番良いのかと悩んでいるとのこと。

<綿密な現場調査>

窯業サイディング特有の内部結露による傷みがあり、劣化の激しい窓下等のボードは張替えを行いました。

f02

コーキングの劣化もあり、撤去・打ち変えを施しました。
また、冬場に雪が積もる2Fの外壁の劣化が見られる部分はボード目地に微弾性フィーラーを塗布し、しっかり傷みを止めてからの下塗り塗装を行いました。
上塗りには汚れにくいセラミック材入りの弱溶剤ウレタンを二度塗りで仕上げました。

f03

<お客様のコメント>

年々傷みが進んでくる外壁を見るたび気になっていたので、今年は塗装をと決め、数社に相談。
塗料の種類、外壁の補修の仕方、料金、様々で迷っていました。
わかり易い説明、補修の仕方の塗装職人さんにお願いすることに決めました。
こんなに綺麗になるならもっと早くお願いすればよかった。
気になっていた外壁ボードの張替えもして安心できました。
同年に塗装したご近所の住宅は色の光沢が落ち始めてきているのに、うちは三年たっても「今年塗ったように見える」といっても通用するくらい塗装したての壁で気に入っている。
※三年目のメンテナンス点検で訪問時のコメント

<塗装職人のこだわりポイント>

しっかりとした現場調査で住宅の劣化を隅々まで点検。
見逃すとまた数年んで塗装が剥がれてしまったり、また工事を行わなくてはいけなくなり、とても重要です。
下地をしっかりと補修したからこそ塗装は長持ちします。
三年目にメンテナンス点検で伺った際に、お客様に大変喜んで頂いたことが下地補修の重要性を再認識できました。